人気!完熟マンゴーの基礎知識と通販

食べ方について

完熟マンゴーの美味しい食べ方というのは、追熟させて生で食べるのがもちろん一番美味しいでしょう。完熟マンゴーが届いたら、まずは常温のお部屋で1日から3日ほどねかせて状態をみます。甘い香りがただよって、指でそっと押しただけで柔らかくなっていたら食べごろです。冷蔵庫で2から3時間ほど冷やしてから食べるのがお勧めの食べ方です。

でも、食べごろを間違えて、熟す前に切ってしまったり、熟しすぎてしまったら、無理をしてそのまま食べるよりも、ちょっと工夫して自分で手を加えて美味しく食べる方法があります。もしも、熟すまえに切ってしまった場合には、バナナや桃など好きな果物と一緒にミキサーで混ぜて、フルーツジュースにしてしまうといいでしょう。これなら、何の手間もかからないのでお勧めです。

逆に、熟しすぎて、切ることが出来ないぐらいになってしまうと、生で食べられない訳ではないですが、えぐみが強くなって本来の美味しさが楽しめません。簡単に美味しさを楽しむなら、そのまま絞ってジュースにして飲んだり、絞ったマンゴーの果汁と寒天を水で溶いたものをあわせてゼリーにしてもいいですね。時間があったり、料理が好きな方は、マンゴーの実と砂糖を鍋で煮詰めてジャムやチャツネを作るのもお勧めです。

ジャムのような加工食品は、お店で売られているものはいろいろな添加物が入っていますが、天然の果肉と砂糖だけで作ったジャムは格別に美味しいものです。棒状やサイコロ型に切って凍らせれば、アイスマンゴーにもなります。完熟マンゴーは、そのままでもアレンジを加えても美味しいので、いろいろと楽しんでみるといいでしょう。